初バスはハネシャッドで!

琵琶湖
スポンサーリンク

年明け二発目琵琶湖で何とか一匹を手にしました。

2日かけて一匹・・・

まあ月一回しか行けない割には初バスは早いほうかも

南湖➡湖西➡南湖こんな感じの移動でしたが

湖西で20時くらいにネコソギにバイトがあったんですけどねぇ

ほぼ止まってるくらいのデッドスローで石をかわしてる最中に

ひったくられたんですが、

頭噛んでたのか合わせると手ごたえがちょっと変でしたね

もしかしたらサイズが小さかったのかもしれません

その後やりたかったんですが

琵琶湖風物詩のワカサギ掬いの方々がライトビカビカで

登場されたのでシャローは壊滅><

そこはササっと場所空けて移動しましたが

あれって赤いライトでやった方がいいと思いますけどね・・・

ワカサギも爆光ライトで逃げてたみたいですしね・・

ただ皆さんに聞いてみたところ全然取れてないようでしたね

それはそれでシャロー狙いの私にはよい情報なので

南湖へ移動したわけです。

まあ場所は動画見られた方はわかると思いますので割愛

南湖おなじみの石畳です。

根がかりは手前で多発する石畳

でもほぼ釣れるのは石畳のブレイクか

石畳の始まり付近

冬はかなりリアクションで釣れますね

勝手に根がかりして外した瞬間 パクッ!

リアクションといえばメタルジグや

TN70のリフトアンドフォールですが

動画内で私はシャッドテールでやってます。

私の琵琶湖冬のバス釣りメソッドです

何故かほかの場所でもこの釣り方はシャッドテールが

反応がいいんです。日によって当たりの良く出るシャッドテールも

変わってきます。

なので何種類かをボックスに入れてローテーションしてます。

もともとは根がかりが多発するので比較的根がかりの少ない

シャッドテールを使いだしただけなんですけどね・・・

やり方は簡単、岸から10m~25m投げて底まで沈めます。

竿を下げてチョンチョンでもいいですしテキサスみたいに

立ててチョンチョンでもいいです。

この時のチョンチョンはあまり移動させないように!

何回かしたらパーンとワームを真上に跳ね上げるイメージで

ロッドを大きくあおります。

この時まあまあのスピードであおってよし!

なんせ根がかり演出なので!

そしてフリーフォールで放置

この繰り返しです。

リグですが結構キモになることがあって

基本どんなシャッドテールでも可能です。

カラーもその日によって当たりカラーを探してみてください

ラインはできればフック直結で!

私は普段スナップを使用してますがこの時は

直結です、根がかり演出ですがほんとに根がかりして

そこから釣れることもあるので岩の隙間に挟まると

外した時にスナップが開くことがあるんですよね

それで食ってこられるとバレます><

あとウェイテッドフックも石や岩の隙間に入ると

根がかりやすくなるのでネイルシンカーにしています。

重さは0.9~1.3gくらいです

ハネシャッドでは一番釣ってるワームかも

これは定番チャート結構あたりが多いです

タックルは簡単に言うと長めで強めです

ハネ上げるのでロッドは長めがいいです

アクションはヘビー以上がいいですね

跳ね上げる時に硬めのほうが素早く跳ねるので

結構近い場所で食ってくることが多いので

しっかりフッキングできてパワー負けしないロッドで!

ラインはフロロ16lb以上がいいですね

根がかりが多いので太めがいいです

リールはハイギア以上

参考までに私のタックルは

ロッド  ブラックレーベル772HXHFB

リール  キャタリナTW SHL

ですね

冬は厳しいですが釣れない中でも釣果のお手伝いができれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました