ゴメクサスハンドルノブ交換方法・インプレ

タックル
スポンサーリンク

今回はもう今やコスパの良い人気ハンドルメーカーのゴメクサス (Gomexus)

その中のTouch(タッチ)の取り付けとインプレをしたいと思います。

まあ見た目は某メーカーのバリアルノブっぽい

使用感は某メーカーのほうがいいです 

そもそも値段が違いますよ。

こっちは2個で5000円程度、あっちは〇万円

なのでそこ比べちゃダメ

使用感一緒ならみんなこっち買います

ただゴメクサスのコスパはかなり高いと思いますよ。

見た目は当然ですが工具、ベアリング、

調整用のシムまで付属してますからね。

ちょっと滑りやすいかもしれないですが

私の場合、動画の中でも言ってますが

もともとつまんで巻くので滑っても大丈夫!

回収や魚とのファイト中は握りこんでしまうので

問題なしです。

他にもいろいろなカラーがあります。 ハンドルつきもあります。

ハンドルもがっちりしていてコスパ高し!

で、取り付けですが

動画でも説明しているので不足分をブログで補填したいと思います。

その動画はこちら

【ハンドルノブ交換】ゴメクサスノブに交換!交換方法や取り付け時にやっておきたいこと【リールカスタム】

付属品は工具、ベアリング、調整ワッシャー(シム)、ブッシング(ダイワ用)

っとなかなかどうして結構親切な内容です。

取説はいまいちですが、見なくてもできるのでまあいいでしょう。

ガタつきの調整ですが付属のシムではちょっと足りない人もいるかもしれません

やはりぴったりにしたいところですね。

ガタはリールごとに個体差があるので 何枚必要とは言えませんが

予備は持っておいて損はないと思います。

実際交換の際には私は手持ちの一番薄いのを足して調整しました。

意外とハンドルのガタって気になります。

私が使用しているベアリンググリスはこちら 他のグリスも使用してみましたがこれが一番しっくりきました。 シマノのページにもベアリングにと書いてあります。 グリスを使うかオイルを使うかは好みですので 自分にあったチューンをしてみてください。 ノブキャップですが青いロック剤を使用していますが 少量だけ塗ってくださいね。 ほんの少しで大丈夫です。 このキャップきっちり閉めると開けるのすごーく 開けにくいやつです><

これ持っておくと便利です、接着剤ではないので取り外せますし。

ネジの脱落防止に効果ありです。

ネジロックの赤色は使用してはいけませんのであしからず!

どこかの動画で工具が入っていないって言ってた動画見たことあるんですが

昔は入っていなかったのか、メーカーさんの入れ忘れなのか・・・

そのyoutuberのかたは最初から入ってないものとして進めてましたが

どう見ても工具いる形なんですけどね!

まあその結果、後日の釣行でキャップ失くしておられましたね!

そうなる前にロック剤つけるなりしっかり閉めこむなりしていきましょう!

総評としては 少し滑るかもしれませんがかなりコスパの高いハンドルノブです。

ノブの直径も27mmで非常に持ちやすいです。

私個人としては気に入ったので丸形2台とキャタリナはタッチに乗り換えです。

スティーズは軽快さを維持するためにAvailのタイプA継続です。

また実釣でもレビューしたいとおもいます。 では!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました