バサーがソルトでおっかぱり すごいぞセットアッパー125SDR

ソルト
スポンサーリンク

先日バス釣りしかしていない私がひょんなことから

ソルトにお邪魔したときのお話

最初はハマチが釣れると聞いていたけど実は最初は興味はなく

シーバスでも釣れればラッキーかなーって感じで

兵庫県は芦屋浜の方にお邪魔しました。

【シーバス】シーバス初心者がバスタックルで挑む!

サムネを見ただけでわかりますがバサーらしく

ベイトタックルで挑戦してきました。

  • ロッド アブのスティンガーホーネットプラス83H
  •     用途特化モデル
  • リール キャタリナTW SHL
  • ライン PE シマノピットブル2号 リーダーフロロマイスター20lb

ロッドはヘビキャロなんかに使いやすいロングロッド

この竿は用途特化と命名されてはいるけれども

実は琵琶湖のヘビキャロに使用するには少し柔らかいので

1oz程度のヘビキャロには良いけれども

70メートルとかの沖でのフッキングには少し柔らかくて

フッキングする時はしっかり巻合わせが必要になります

しかしながらそのロングレングスを活かしてバイブレーションの遠投、

リフトアンドフォール 高比重ワームなどの遠投系の釣りには最適

なのでーセットアッパー125の巻なんてドンピシャです。

私が言った場所は水道なので、そこまで遠投の必要も感じないので

あえてシーバスロッドは必要ないかなとも思います。

青物がかかること考えればパワーのあるHロッドの8フィートでよいかなと

逆に7.4くらいのバス用のHロッドだとくい込みはいいですが

弾いてバラしてしまうかもしれませんね。

あくまでバスロッドでやる場合の話ですが

私のように基本バスが中心で、友人に誘われたからいってみるとか

興味があるけどがっつりソルト用を買うのはまだちょっとねって方に役に立てばと思います

リールは私はバス用として購入してますが

キャタリナTWはダイワとしてはソルト用途で出されていると思います。

DAIWA : キャタリナ TW - Web site
スーパーメタルハウジングで堅牢、ライトジギングシーンで活躍する「投げられる」SWベイトリール

ベースはジリオンHDでマグシールドが外してあって

スプールが若干PEチューンされてます 。

糸巻き量もpe2号が150メートルとソルトを想定されていますね

ダイワのホームページにフロロを巻いた時はブレーキ強めと書いてありますが

確かにpeから変更した時はそうなります

しかしながら本体のブレーキ自体はジリオンHDと同じく強めとなっています。

ブレーキダイヤル1個回すだけで結構強さ変わります。

なぜ私がバスでキャタリナを使用しているかというと

まずデザイン!ジリオンHDよりかなりかっこいいです。

実はジリオンHDも一時所有していましたが見た目が好みでないのと

サイドプレートがカタカタ動いたので???ってなって手放しました。

しかしながら36パイのロープロの必要性が多々出でくるのでこちらを購入

やはりPE巻いてキャストするとPEの使用を想定したスプールの良さが出てきます。

伸びもありかなりいいです。

そこそこブレーキセッティングは難しいかもしれませんが

慣れればどんどん緩くしてバックラする手前のブレーキダイヤルがおもしろいです。

私が、セットアッパーを投げると気はダイヤル3ですね。

アスリートミノーを投げるときは4とか 結構細かく変えます 5にしとけばほぼトラブルないですがそれじゃー面白くない😀

ちなみにスプールだけをリョウガ1520や

ジリオン1516なんかに入れるのも大いにありですね。

そしてラインは本編みのピットブル4です。

4本編みで安いラインなので糸鳴りはなかなかのもんです🤪なぜ私4本なのか?それは寝ズレ対策ですかね8本だと1本1本が細くなりますので4の方が強いかなあーってだけです。

リーダーはロングリーダーにしてます3mちょっとですかね

スプールに巻きとるくらいで投げた方がガイドにFGノットの部分が引っかかっりにくいのと

寝ズレ対策です。これは効果ありましたね。

気軽にバスタックルで【南芦屋浜】行ったらハマチやメジロが昼も夜もセットアッパー食ってきた

3回目のソルト釣行の動画ですが初心者ながらハマチ、メジロ数匹あげることができました。

つまりはバスタックルでもしっかり準備して行けば70センチ近いメジロとも勝負できるってことです。

ほぼほぼルアーパワーに助けられてますが.........

正直この日はルアーマンは多かったですね。全然釣れてなかったみたいです。

私の横にも何人も入って来られてましたがすぐ移動されてましたよ

私が持っているルアーはセットアッパー、サイレントアサシン、もらったアスリートミノー、SASUKE これだけなのでルアーチェンジしながらベイトに1番当たるルアーを探して釣りしてました。

結果ベイトのレンジにあっていたのがセットアッパーだったので投げ倒してたら連発に、なったわけです。

リトリーブスピードも当然変えてますし。

シンキングなのでカウントダウンを変えて巻きだしたり

潮目を見ながらどんなラインで引いてくるとベイトの群れに当たるかとかね

ただ巻いてて1人だけ釣れたりはしないわけです。

これはyoutubeの中ではあまり言わないですがバスでもおなじですね。

釣れてない間のプロセスこそが大事なわけです。

100投して1本釣れたとして99投何を感じて投げたかですね。

そして私はあの動画でキャストしてる回数はかなりです😂

同じ場所でやり続けることが決していいとは思いませんが

ソルト初心者の私からすればベイトが居てるのに移動する理由が無いわけです。

バス釣りしてたらベイトの群れにラインやルアーがコンッて当たることなんてまず無いですから😀

それだけで投げつづけられます。

キャスト回数イコール釣果では決してないですが

水道で青物が入ってくるとなれば投げていない時に青物が目の前を通過している可能性もある訳ですからね。

感じながら投げ続ける これもまた釣果に結びつくことでは無いでしょうか。

たまには他の釣りもすると色々発見があってまたバス釣りに活かせそうなことが盛りだくさんです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました