ヘビーロッド考察

タックル
スポンサーリンク

私事ですがヘビーロッドを持っていません

持っていないわけではないですが持っているのが

アブのホーネットスティンガプラスのHSPC-832H-LD MGS

価格の割にすごく使いやすいんですが8フィートあるんですよね

もちろん私のメインにしているフィールドはオープンエリアなので

8フィート越えでも全然問題ないですがこのロッドどちらかというと

巻物もしくはヘビキャロ向けなんです。

これとは別に7フィート4インチくらいのHロッドが欲しいのです。

ウェーディングで上から投げる分にはいいですが横には振りにくいので

何でもできる使い慣れた長さの7.4くらいなのです。

そしてガチガチでもキンキンでもボヨンボヨンでもないバーサタイルなロッドを求めています。

そして予算は3万5000円までで抑えたいので候補は

ダイワではブラックレーベル、リベリオン

シマノはエクスプライド

他のメーカーさんはコスト的に合わないのでこの安定の2大メーカーで選びます。

ブラックレーベルでは

SG 742HFB

ポート・オカッパリ問わず遠投性能と感度、操作性にフォーカスしたパワーバーサタイルロッド。ビッグレイクでの遠投性能はもとより、遠投先のショートバイトを逃すことなくフッキングに持ち込む感度と食わせの間を持たせるラインスラックを作りだせるテーパー、一発で上顎を貫通させるバットパワーを融合したパワーロッド。今までの遠投ロッドにあったレギュラーテーパーとは異なる先端が曲がらないスティッフなティップを持たせたファストテーパーにすることで大味のロングパワーロッドとは異なる性能を魅せる。スラックラインリトリーブのしやすいテーパーにすることでスイムジグやスローロールでも巻き感度が向上するだけでなく、ジグやヘビキャロの操作性が格段に向上。微細な操作が要求されるビッグベイトにも対応。

ダイワHP

このロッドはセンターカット2ピースですが2ピースならではのテーパーとバットの性質の違うものに仕上がっているようですね。

それだけに使えるリグも多いと思われるヘビーバーサタイルロッドですね。

SGとLGにもHロッドはあと1本づつラインナップされていますがどちらもジグよりのロッドになっているので今回はパスで🙆‍♂️

リベリオンでは

731HFB

ウィード攻略に欠かせない73レングスのパワーモデル。小池は「マットなどカバーがより濃いシーンで出番」と、731MHFBとセットで用意。パンチングを主力に、ビッグスプーンやヘビキャロ、重量級スピナーベイトのスローロールで「ウィードを切って躱す」。

ダイワHP

このモデルは少しHロッドでも固めなのかなって印象ですね。

エクスプライドでは

172H/172H-2

ビッグバス攻略を見据え、強さと軽さ、感度を高めたパワーゲームロッドです。パワーロッドながらルアーを正確に操ることができ、カバーに潜む警戒心の強いビッグバスのバイトを誘発。フッキング後はカバーから一気にビッグバスを引きずり出すことができます。ティップセクションの繊細さにも磨きをかけ、ジグやテキサスリグだけでなく、フロッグゲームや、スイムジグ、ビッグスプーンにも対応します。

シマノHP

これはシマノでは珍しいほんとにバーサタイルなロッドですね。

ドンピシャです。

候補としてはこの三本です。

ここまで絞れればあとは実際にお店で触れば決まるはずです。

ロッドバランスやグリップの太さなんかは実機を触るしかないですからね😏

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました