ルアーロストを減らす方法 1

フィッシング
スポンサーリンク

最近のルアーは高いですね!

昔は安いのもあれば高いものもあったけど今はメジャーどころは1500円超え当たり前😱

私の若いころ・・・・

ちょっと前はメガバスくらいやったかなたかいなぁ手に入らんなって思って買ってたのは(何十年前?w

そんなルアーを買っても若かりし頃の私はその日のうちにロストしてたりしましたね😫

ロストするにもわけがありますね!

そしてここ数年で私のロストが激減したそのわけを私なりに考えてみました。

(おまえがロストし過ぎなだけだろう声が聞こえてきそう・・・

私の行くフィールドはまずリザーバーがメインです(たまに琵琶湖

なので岩や石畳、石積み、沈みものなんかですかね。

カバー自体が少ない場所がほとんどなので

画 とんちゃん

いわゆるねがかりってやつが多いです。

先日のねがかり回収機の記事はねがかりした後の処置ですね。

まずはねがかりを減らすことです。(そんなのあたりまえ・・

いくつも方法はありますが、まずは集中力です!

一投一投集中して投げてるといろんな情報が感じられるからです。

リールを巻いていると「あっ今何かにコンタクトしたなとか」

フィールドを見て「この辺から石の大きさが変わるな」

いろいろ感じてやると釣果もUPです。

当然そんな地形変化にバスもいることが多いわけで

攻めては行きますがむやみにグリグリ巻くのではなく

集中して釣りをすることです。

はじめての場所で地形がわからなくて怖いときはテキサスなんかで

ちょっといつもより早めに底をサーチするのもいいかもしれません。

私はシャッドテールにウェイト付きのフックで底すれすれをサーチすることが多いです。

初見でもぱっと見で行けそうなとこは本命ルアーを丁寧に通していきます。

画 とんちゃん

それでもねがかりは起きますけどね・・・

そんな時は無茶して引っ張らずラインテンションを緩めて張ってを試してダメなら

ルアー回収機なんかを使うのもいいでしょう。

この時間違っても手元でラインを切らないように!

最悪引っ張ればルアーは返ってくるかもしれないしルアーの結束部分から切れます。

最近ほんと岸際で切られているルアーについてるラインを拾います。

琵琶湖なんて有名ポイント行くと まあ巻いてたらラインを拾う拾う😫

1時間くらいでヘビキャロのセットを3 シャトル+アポロを2セットw あと謎のミノー

これだけ絡まってきましたね。全部ラインの長さから言って手元から切られてました。

それも全部新しいんですよね🧐ちょっと頑張ればとれたはずなのに、ねがかり=切る

そんな感じなんでしょうね・・・・・

最近のこはyutubeなんかで釣り覚えてその辺のことはしらないのかなぁ

脱線しましたがその拾ったシャトル+アポロのラインが細かったんですよね・・・・

10か12くらいでしたね シャポロなら16~20lbくらいでいいともいますが・・・

下手したら高切れで飛んでいった可能性もあります。

ロストを減らすのに小さなプラグはともかく

大きめのルアーなら16lb以上を使用しているとねがかりしても

最終的に強引に引っ張って回収することも可能です。

ボートならともかくおかっぱりではちょっと太目くらいがいいのかも

私のベイトのメインタックルは ナイロン22lbを2本 フロロ16lbが1本ですね

ラインの号数上げるのも回収率が上がる秘訣かもしれません。

まだまだありますが こんやはこのへんで!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました