18リョウガ インプレ

タックル
スポンサーリンク

今回は18リョウガ1520HLのインプレです。

まずは基本スペックから

最近のリールにしては重量はあるほうですね。

リール単体で見ると数字としては重いし手にとっても当然スティーズと比べれば重いです。

これは当たり前ですね。しかしながら1520を軽量ロッドにのせることもないわけで、

ビッグベイトを想定したようなロッドにはちょうど良い重さかと思います。

実際私はDepsのボアコンやダイワブラックレーベル774XHにのせてますが丁度よい重さと大きさです。

おかっぱりでリョウガと19コンクDCの二本で回ることもありますが、撃ち物するわけでもないのでそんなに差は感じないです。

巻取り長さは71cmでノーマルですがジリオンやスティーズも所持してますが比べるとトルクは確実にリョウガが上です。

丸形なんで当然といえば当然ですが 剛性からも来ているんでしょうね。

巻いていてもリール自体がいい意味で硬いです。

19コンクや14コンクも使用していますがそれとは違う厚みというか硬さがありますね。

それが感度にもつながっていると思います。

巻き心地ですが悪くないです。(歯切れが悪いw

なぜなら私はハイパーメッシュやマイクロモジュールがそこまで良いものと思っていないからで🙄

私自身巻きの釣りが好きで冬でもデッドスローの釣りなんかもしてます。

最近のリールで使用していたもので言うと14コンク 19コンクDC ジリオンTW ジリオンHD 旧リョウガ 

18リョウガ STEEZ A なんかですが私好みだったのはジリオンTWとスティーズ、旧リョウガですね。

この三台ギアは普通のギアですがとても巻き心地良かったです。ノイズも少なくて無音ってかんじでしたね。

もちろんMMギアの最良の状態の巻き心地も最高なのは体感してます🙆‍♂️

しかしながらマイクロモジュールはウィンウィンノイズが出ます😨 まあ自分でメンテするんでそれはそれでかわいいもんですけどね。

もう後には引けないシマノはともかくダイワはリョウガだけにしてもらいたいもんです。

リョウガもハイパーメッシュギアですが巻いた感じはマイクロモジュールと普通のギアの中間かMMギア寄りな

感じです。嫌いじゃない感じはしますが一年くらい使い倒してみないとまだわからないですね。

それと1016を選ばす1520にした理由は糸巻き量は当然ですね。基本ナイロン22lbか25lb巻きますので。

わたしが投げるものがアベンタだったりタイニー 5インチ~6インチのシャッドテールもしくはそれを付けた

スイムジグなので1016は選択肢に上がらなかったです。しかしながらマグナムクランクや1oz以下の巻物に最適

だとおもいます。

パーミングですがこれは一長一短ですかね。そして手の大きさや指の長さによるものが大きいので人それぞれで

す。リール全般そうですが特に丸形は購入を考えておられる方は一度手に取ってからのほうが良いでしょうね。

私自身はコンクエストとはまた違う持ち方になりますが、しっかり包んで持てますので及第点だと思います。

キャストも他のダイワのリールに比べるとブレーキは強めですが調整すれば後半伸びのあるキャストもできます

し、ピッチングでも低弾道でキャストできます。

そこまで遠投するリールでもないので良い感じです。

ほぼほぼ気いってますが一つだけ残念なところを上げると個体差かもしれませんが

サイドプレートがちょっとカタつくんです☹️

当然閉めているときですが巻いてるとちょっと浮いてる感じがします。

巻きながらちょっとぶれを感じたらサイドプレートを押しながら巻くと直ります。

気づかない人は気づかないレベルだとおもいますけどね🤐

それも、もうちょっと使用してメンテナンスで原因を探る楽しみでもあります。

パワフルなリールを探してる方にはお勧めできるリールではあります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました