ベイトリールのワンウェイクラッチ(ダイワ) ローラークラッチ(シマノ)

タックルメンテナンス
スポンサーリンク

意外とメンテナンス記事を読んでも書かれていない部品のお話です。

こちの記事の独編を投稿しました

続・ベイトリールのワンウェイクラッチ(ダイワ) ローラークラッチ(シマノ)メンテナンス
むかーしさらっと記事にしたローラークラッチのメンテナンスについてまた新たな発見があったので記事にしてみました。まずはワンウェイクラッチとは何ぞや?ちなみにダイワとシマノでワンウェイ・ローラークラッチ...

(分解メンテナンスはあくまで自己責任でお願いします。)

スピニングにもベイトにもついてるワンウェイクラッチ(ダイワ),ローラークラッチ(シマノ)

書きにくいのでローラークラッチで書いていきます。

どの辺についているかといいますと

赤〇の部品がローラークラッチになります。

注意書きにも書いてありますが圧入されているので工具なしには外れません。

ダイワのリールにはたまに簡単に外れるものもありますが・・・

この部品がハンドルの逆転防止しています。

円筒のパーツの中にローラーが組み込まれています

これもベアリングの一種ですね。

汚れも意外に溜まります。

ベアリングでしかもギアシャフトを支持しているので巻き感にも影響するはずです。

ネットで検索すると注油してはいけない!みたいなことを書かれている方がいますが

わたしはベアリングなので注油します。

ただし注意が必要です。

グリスは絶対に注油しないこと! ハンドル逆転します😱

間違ったときやハンドルが逆転するときは脱脂してみてください。

ハンドル逆転の原因解明の動画はこちら

ローラーベアリングのメンテ動画はこちら

オイルは私はIOS02、シマノ純正オイル、ラジコン用のワンウェイグリスを使用しています。

当然ですがシマノのオイルが一番さらっとしてますね。

IOS02は巻きに関わる場所のベアリングにも抜群です。

ワンウェイグリスはプロのかたも使用されているようですね。

その辺で使い分けるのも面白いかもしれません。

ギア、ベアリングと同じくワンウェイローラーも消耗品ですので

メンテナンスしておくとリールと長く付き合えると思います。

この記事の続きを後日書きましたでよかったらこちらも

続・ベイトリールのワンウェイクラッチ(ダイワ) ローラークラッチ(シマノ)メンテナンス
むかーしさらっと記事にしたローラークラッチのメンテナンスについてまた新たな発見があったので記事にしてみました。まずはワンウェイクラッチとは何ぞや?ちなみにダイワとシマノでワンウェイ・ローラークラッチ...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました